健康に過ごすことが素晴らしいって思う

一年の始まりですけれど 1月5日に病気治療の為癌センターへ入院をして11日間 

昨日14日に手術のその後の経過も良く退院をしてきました。


病院はお産以来のことでしたから、25年ぶりですがお産は病気では無いので


今回の癌の摘出手術とは別ですけれど



7日の朝 9時からの手術で癌摘出手術をうけて 癌を創ってる子宮体部と転移し易い卵巣を今回は取り除くことで癌を取りだしました。


摘出した子宮体癌の検体を写真撮りましたものをネットの画像で見ましたが、冷静に見ることが出来たのですが自分自身の目で見たので癌を納得をした感じになりました。

自分が術後の考えていたイメージと違っていてスゴクすっきりとしちゃった気がしてまして、


悪いものを排除できたのですから当然って言えばそうなんですけれども、おかげさまで手術後
の経過もすこぶる順調でして 執刀してくださった女性の先生とも冗談話が出るほどに 
経過が良好です。

看護師と呼ばれる 医療スタッフの皆さんの手厚い看護に身を任せ安心をして治療を受けられました。

心からの感謝をしています、

自分一人で何でもやれるようになるのならってことで リハビリに頑張る気持ちが沸いてきました。

今後は、日数で傷口がよくなりますから 焦らずに少しずつ治していくように

暫くの間は静かに自宅で養生しています、


体調を見ながらですが 3月の少し暖かくなってくる頃には

元の仕事につけるようですので~相手(会社)が復帰を待っていてくれていますので


今は 焦らずにしっかりと病気療養していたいと思います。
[PR]
by aikto | 2009-01-16 12:06 | 生きる